fc2ブログ

記事一覧

サンボアンギータの秘湯に行ってきた


J)この前、日本人の友達親子と一緒に秘湯に行ったよね。

S)サンボアンギータ(Zamboanguita)にあるJomao-as hot spring っていう温泉や。

J)友達がダンスを習っているフィリピン人の先生が案内してくれるというので、まずマラタパイ市場の入り口で待ち合わせてからその先生のバイクについて行ったのよね。

IMG_4205.jpg
(マラタパイはサンボアンギータにあり、毎週水曜日に家畜市場を含む市場が開かれるので有名。サンボアンギータはダウインの西隣の町)

S)あの先生、どうみても男なんやけど、何かの拍子にものすごいなよってしはるねん。友達によるとやっぱりフィリピンに多いオカマちゃんらしい。その先生のバイクが先導してくれて、次に友達親子、私たちは最後尾でついて行ったわけや。

J)マラタパイからさらに先に進んだところから右に折れたのだけど、そのあとが結構大変だったよね。

IMG_4204.jpg

S)そや。折れたとこからすぐ坂道やった。しかも途中から急になってきたな。

J)舗装もところどころ割れてたし、舗装がないところも多くてしかも岩が突き出たりしてるのもガタガタ道。後ろに乗っててもつかまってるのが大変だったわ。

S)途中、左手にドゥマゲテで地鶏唐揚げ屋さんをやってる日本人の養鶏場の建物が見えたな。

J)つかまってるのが精一杯で写真撮れなかったけど、あの人は毎日こんなところからドゥマゲテまで鶏肉を届けてるなんて大変だと思ったわ。

https://www.facebook.com/p/TAOs-Native-Chicken-100081840915537/

S)ホンマやな。

J)道はどんどん険しくなって行ったよね。

S)先頭の先生も女の人を乗せた二人乗りやったけど、どんどんスピード上げてたなあ。ついていくのがしんどかったで。

J)前にシアトンの湖に行った時も似たようなガタガタゴツゴツの道で、友人たちの乗った車が途中でパンクしちゃったよね。だからすごく心配だったわ。

S)オレもや。そやから慎重にゆっくり行こうとしてたんやけど、案内人のスピードは容赦なくどんどん上がっとったわ。

J)でも、途中で止まったところで見た風景は最高だったわ。

S)ほんまや。


(左にシキホール島、右手前に砂糖キビ畑の焼畑の煙、その奥にアポ島)

J)温泉のかなり手前からバイク降りて歩くのかと思ってたけど、すぐ近くまでバイクで行ったね。

S)最後の降りていく坂道は特に急勾配で大変やった。ブレーキを思いっきり握らへんと制御できひんのや。

J)でもなんとか入り口まで無事に着いてよかったわ。

IMG_5121.jpg

S)この看板のとこから歩いて数分で温泉や。歩いてると硫黄の匂いがしてきたな。硫黄泉なんやな。

J)そしてついに到着!!ちょっと水色がかった白濁した温泉が現れたわ。

IMG_4210.png

S)人があまりおらへん平日やと鮮やかなブルーらしいで。先生が写真みせてくれた。人が大勢おると岩の硫黄が溶けだして濁るんやて。

J)どおりでね。あの日はたくさんの子どもたちが入ってワイワイやっていたものね。

S)あそこにおった子はみんな地元の子どもたちやったみたいや。あの日は日曜やったからな。平日に来たら鮮やかなブルーが見れたかもな。

J)入湯料が大人一人20ペソだったね。予想通り更衣室とかはなかったから服の下に水着を着ていって良かったわ。

S)水温はぬるめで長く浸かっていてものぼせないくらいやったな。

J)結構深くて背伸びしてだと、かろうじて顔を付けずに済むくらいだったわね。

S)下は砂地やった。あの隅の方から温泉が湧き出してるのがわかった。

J)あの先生、岩の白い成分を溶かして顔に塗ってたわね。

S)あれは硫黄らしい。そやから肌に塗ったら美肌になるって言うてはったわ。

J)あの人ふつうに男の人って感じだけど、そういうとこはなるほど~って感じね。

S)そういうとこちょっと可愛いな(笑)。

J)私はあそこにいた子どもたちが可愛いかったわ。

S)ああ、あれは可愛いかった。初めすごくシャイな感じやったけど、こっちから目を合わせてビサヤ語で挨拶したらほぐれてきて、そのうちの一人が話しかけてくれて、その後いろいろ話したわ。

J)気がついたらあなた、子どもたちに囲まれて講義でもしてるみたいだったね。

IMG_4226.png
(撮影が遅れてしまったけど、ほんとはもっと囲まれてた笑)

S)その話しかけてくれた男の子は13歳でハイスクール(中学)の一年生ゆうてた。

J)日本語を話せるようになりたいって言ってたんでしょ?

S)そうやねん。すでに少し話せるようやから、どこで覚えたん?て聞いたら、ONE PIECEゆうてた。日本のアニメは偉大やなあ。テレビでやってるんやて。

J)私たちもちょっとはそういうアニメ見ておいた方がいいかもね。

S)確かに。

J)どこに住んでるのかしら。

S)歩いて2、30分のとこで、マロンカイ・ダコっていうところやて。初め、「え、マルンガイ?モリンガのこと?ダコは大きいという意味やから大きいマルンガイとかカムンガイってゆうこと?てゆうたら、「うん、まあそんな感じ」みたいなあいまいな返事やったからあとでGoogleマップで調べたらちょっと違った。Malongcay Daku(マロンカイ・ダコ)やった。

J)ちょっと違うんだけどなあ…って思ってたんじゃない?

S)きっとそうやな。

J)お湯には1時間くらい浸かっていたかしら。手がふやけてきちゃったわ。

S)まだ時間に余裕があったから、案内の先生が次に近くのダム湖につれてってくれたな。

J)またまた途中がすごく大変だったよね。温泉からいったんナショナルハイウエイ(国道)に戻って、また上がっていったね。

IMG_4206.jpg

S)温泉行きよりはるかに大きな石がゴロゴロして運転してて大変やったで。

J)後ろに乗っているだけなのに必死でつかまっていたせいか、腕は筋肉痛になり、ちょっとだけ疲れたね。

S)ダム湖って人工湖やろうけど、行ってみたら湖って感じではなかったな。で、あとでGoogleマップで見たら、ダム湖から灌漑用に水を流してるところやったみたいや。ダム湖自体は周囲を塀で囲まれててよう見えへんようになってるみたいや。

IMG_4212 2


(ダムから流れてくる水の模様が面白い)


(ちょっとした池のようになっている。大胆にもバイクを洗っている人もいた)

J)でも行ってよかったわ。案内してくれる人がいないと絶対に行かないようなところだったし。

S)ネグロス島はこれ以外にも温泉がぎょうさんあるんや。なんせネグロスオリエンタルの電気は地熱発電で供給されてるくらいやからな。これからは少しずつ温泉行ってみよか。

J)そうね。でもできれば道がいいとこを探して行きたいね。

S)そやな。そうしよ。






コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドゥマゲテ・レポート

Author:ドゥマゲテ・レポート
3.11以降、色々なことに気づき始めた私たち...
このまま、何事もなかったかのような毎日を過ごしていて良いのだろうか?悩んだ末に、千葉県から北海道に引越し、2017.7思いきってフィリピンに引越ししてきました。北海道に引越しした時も、フィリピンに引越ししても同じように考えている人って居るものです。そして仲間は多ければ多いほど協力して過ごしやすくなるものです。海外で暮らしてみたい人、なかなか思ったように一歩を踏み出せない人に、どうやって私たちが引っ越して来たか、私たちでわかる範囲のこと、特にドゥマゲテとその周辺の情報を発信していきたいと思っています。(J)

J の夫です。2019年3月にドゥマゲテから隣町のバレンシアに引っ越しましたが、ドゥマゲテ周辺ということでブログのタイトルは当面「ドゥマゲテ・レポート」のままでいきます。よろしくお願いします。(S)

*イメージはドゥマゲテから望むタリニス(Talinis)山の夕景です。
*コメントは承認制にさせていただきます。

検索フォーム