fc2ブログ

記事一覧

シアトン(Siaton)へのドライブ②


S)前回はマラタパイに行ったとこまで話したな。

J)バラナン湖に向かう途中がすごい悪路だったけど、そのことについては次回に回そうってところで終わったね。

S)ああ。マラタパイの先は、ナショナルハイウエイから右に折れるんやけど、それからが大変やった。ところどころ舗装されたところもあるけど、そのあとすぐに大きい石がゴロゴロしてる悪路が現れるんや。しかもアップダウンも激しかったで。

IMG_3845.jpg

J)あの悪路を進むのはちょっとドキドキしたわ。

S)オレは左ハンドルは慣れてへんだけやなくて、ここ何年も車は運転してへんから、運転は、休暇で国際免許とって日本から来てた長男にほとんど任せたけど、あとで聞いたらメチャ面白かったって言うてたな。

IMG_3843.png

J)さすが車好き酷道好きの息子だけはあるわ。

S)道は悪路やったけど、だんだん下界が見下ろせるようになって、見晴らしはよかったな。

J)そんな道の途中にも学校があったり、家があったり、生活している人が意外に多いのにも驚いたわ。学校帰りらしい親子ともすれ違ったよね。

S)20~30分はそんな道を走ったやろか。湖に続く道の手前に受付の建物が現れたんや。

J)そこでエントランスフィー(入場料)を支払ったわね。

IMG_3815.png

バラナン湖受付

ブラナン湖料金表全体

バラナン湖料金表施設2

S)入口のバーを上げてもろて、車に乗って更に進むと、湖が見えてきたんや。

J)そこに駐車。レストランらしき建物やトイレがあったわね。トイレの水は全く流れなくて、奥にあった手桶で水を汲んで流したわ。

IMG_3608.jpg

IMG_3592.jpg

S)湖岸にはボートもあったけど、乗れる感じではなかったな。てっきりボートにでも乗るかなと思ってたけど。

J)そうね。湖の周りに遊歩道があったからそこを歩いて行ったのよね。

S)湖を取り囲むようになってたみたいやったな。



J)途中に小舟も浮かんでて風情はあるんだけど、手すりは所々壊れていたり、沢山ある小舟も放置されてる感じで結構傷んでいたわ。整備が出来ていない感じだったね。台風があったりで修理が追いつかないのかしら。

DSC08908.jpg

S)そうやなあ。途中で目を引いたんはツリーハウスやな。木の上に家があるねん。

J)初めは見上げてもどうやってそこまで行けるかわからなくて、ただ見上げるだけだったよね。

IMG_3817.png

S)やっと見つけた上り口から上がってみたら、宿泊出来るようになってたで。

IMG_3598.jpg

IMG_3601.jpg

IMG_3607.jpg

J)かつては宿泊客もいたのかしら?奥にはバスルームらしき物もあったね。でも足元は所々穴があいているし、お化け屋敷のようだったわ。

S)ツリーハウスから先をしばらく歩くと遊歩道は少しだけ湖のほとりから離れて登って行くような感じやったな。

J)遠くに湖の上を通るジップラインもあるようだったから、そこにつながっているのかもしれないと思ったけど、ちょっと怖そうだったわね。

S)俺らは遊歩道が登りになるところで引き返したけれど、あの湖を一周出来るとしたら、結構時間もかかりそうやし、見ごたえあるんやないか。

J)そうね。整備すればもっと面白い観光スポットになりそうなのにもったいないなぁ。

S)山の中にひっそりとある湖…ワイルドなディズニーランドのジャングルみたいな感じがそれはそれで良かったで。あんまり観光地化されるよりこのままの方がええのかもしれへんで~。

J)バラナン湖のレストランらしいところに戻ってから次の目的地に向かったのよね。

S)白砂のビーチと美味しいランチが楽しめそうなところをGoogle検索で見つけて海岸沿いのリゾートを目指したわけや。

J)再び悪路を戻ったけど、途中の景色がよかったわ。

IMG_3818.png

IMG_3611.jpg



S)ゴツゴツした道を抜けて快適なハイウエイに戻って、ドゥマゲテ方向に少し進んだところの二又を右(海側)に入ったんやけど、また石のゴロゴロした未舗装道路やった。舗装してある部分もあるんやけど、未舗装との境目が段差になっててタイヤに衝撃を与える感じやったな。

J)そうね。その道は確かに悪かったけど、きれいな海も見えてきて私的には期待はマックスに!目指すは事前に調べておいた海辺のリゾート「Cala del Som」というところ。

S)ところがそこからが問題の連続や。目指していたそのリゾートは改修中で営業してへんかったんや。近所の人に聞いても知らん人もいるくらいやった。仕方ないから少し戻ったところにある食事が出来そうなところに変更した。ところが、走りだしてしばらく行ったとこでなんと友人ファミリーの車のタイヤがパンクしてしもたんや。

J)あれだけの悪路を走ったのだもの。パンクもするよね。

S)たぶん湖への悪路の往復で傷ついてたのが最後の海辺の悪路でトドメを刺されたんやな。かなり摩耗してるタイヤやったしな。

J)路肩に車を停めて、パンクしたタイヤを外して、スペアタイヤを取り出して付け替えたよね。

IMG_3835.png

IMG_4503.jpg


S)ところが、そのスペアタイヤはほとんど溝が摩耗してツルツルやったし、空気が少ししか入ってなくてアカンとなって、どこかでパンクしたタイヤを修理してもろた方がええということになったんや。

J)ラッキーだったのは私たちが停まったところがちょうどハバルハバル(バイクタクシー)をやっている家の前だったことね。

S)まったくや。運は我々を見放してなかったということやな。それで、ハバルハバルのバイクにパンクしたタイヤと友人を乗せて修理屋まで運んでもらえたわけやからな。

J)幸い、そこにはひと休みできる木陰があって、残った皆んなでゆっくり待つことも出来たしね。

IMG_3842.png

S)休んでたら車を停めたところのすぐ脇の小屋で寝てたおっちゃんが歩いて来て、車のトラブルやったらそこの看板の電話番号にかけたら来てくれるんやでって教えてくれたで。

IMG_3841.png

J)えー、早く言ってよ!って感じだったよね。

S)さっきまでおっちゃん、小屋で居眠りしとったからなあ。

J)私たちラッキーだったのかどうなんだかわからないね。

S)そうこうしているうちに、目指していたレストランがその場所からほんの100mくらいのところにあることがわかって、オレらは車で、友達ファミリーは車で留守番する一人を残してそのレストランに歩いて向かったんや。

J)そのレストランが意外といい所だったよね。ビーチも目の前だったし。それから、料理を注文して、修理に行った人と車で待ってた人を待ったけど、なかなか帰ってこなかったのよね。

S)ああ。ずいぶんたってようやく戻ってきたから聞いたら、パンクしたタイヤは破損が内部まで及んでて修理できひんということで、代わりに空気の抜けたスペアタイヤを使うことになって、空気入れてもらいにスペアタイヤ持ってもう一度ハバルハバルで修理屋まで行って、それから車まで戻ってスペアタイヤをつけてから来たらしい。

J)へえ~。行ったり来たり、ほんとうにご苦労様だったね。そんなにひどいパンクなんて、どれだけひどい悪路だったかってことよね。

S)それにしても、悪路の先にあった初め目指したリゾートは閉まってたわけやから、最初からそのレストランにして先まで行かへんかったらパンクもせえへんかったかもしれへん。

J)私たちの車のタイヤもあらためて見たらツルツルだったから心配になったわ。

DSC09067.jpg

S)よく持ってくれたワ。こっちのレンタカーは使い倒したタイヤを履いてることもあるから気をつけなあかんということやな。

J)ほんとね。でも、とにかくいいレストランを見つけてよかったわ。すぐ前が海で素敵だったから、そこも紹介したいけど、また長くなったからこの続きは次回にしましょうか。

S)そうやな。

J)次回は、帰りのサンセットの素敵な画像もお見せできると思うからお楽しみに~‼️






コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドゥマゲテ・レポート

Author:ドゥマゲテ・レポート
3.11以降、色々なことに気づき始めた私たち...
このまま、何事もなかったかのような毎日を過ごしていて良いのだろうか?悩んだ末に、千葉県から北海道に引越し、2017.7思いきってフィリピンに引越ししてきました。北海道に引越しした時も、フィリピンに引越ししても同じように考えている人って居るものです。そして仲間は多ければ多いほど協力して過ごしやすくなるものです。海外で暮らしてみたい人、なかなか思ったように一歩を踏み出せない人に、どうやって私たちが引っ越して来たか、私たちでわかる範囲のこと、特にドゥマゲテとその周辺の情報を発信していきたいと思っています。(J)

J の夫です。2019年3月にドゥマゲテから隣町のバレンシアに引っ越しましたが、ドゥマゲテ周辺ということでブログのタイトルは当面「ドゥマゲテ・レポート」のままでいきます。よろしくお願いします。(S)

*イメージはドゥマゲテから望むタリニス(Talinis)山の夕景です。
*コメントは承認制にさせていただきます。

検索フォーム