FC2ブログ

記事一覧

東南アジアでは懐かしの日本車が現役!フィリピン ドゥマゲテ自動車事情


S)この街に来てから思っとったことやけど、日本車多ない?

J)そうそう。新しいのもあるけど、古い車も中々多いよね!

S)そうやんな。フィリピン人のモノを大事にする心を感じる。。

J)トラックには「カンガルー便」という文字が残ったまま使われていたり、バスにも日本語表記の方向幕がそのままになってたり…

IMG_8478.jpg↑「カンガルー便」のトラック

S)ほんまにおもろい光景やんなー。古い車が多いから景色はまるで80年代の日本みたいやで。

J)それで少し前に気づいたことがあったんだけど、よく見ると日本の車庫証明ステッカーがついたままだったりするのよね。

IMG_8479.jpg↑スズキの「ランディ」

S)「もしかして盗難車?…」と疑ってもうたけど、あれってどうなんやろ…

J)前に聞いた話では、まだ車が普及していなかった頃に大量に日本から中古車が輸入されてきたらしいわよ。

S)やっぱし”盗難車”…?

J)さあ…。中にはあるかもねえ。(※実際のところわかりませんでした)

S)で、ウチの車マニアな息子が着目したのは、もともと日本の中古車なのに左ハンドル仕様やということや!

IMG_8480.jpg↑スズキ「ランディ」の左ハンドルインパネ

J)たしかに、言われてみれば全て左ハンドルだね!それにしても見事な左ハンドル化改造… 車体の文字はそのままほったからしにして気にしないのにね。

S)息子の友達(車好きな現地の友達)曰く、フィリピン国内では左ハンドル車しか通行不可という法律があるらしいで。さすがに法律は守るんやな。

J)へー、じゃあこんな古い車でも…?

IMG_8481.jpg↑消防署の消防車(ISUZUのマークがある。どちらも現役!)

S)そうや。これもよう見たら確かに左ハンドルやんか?

J)本当だ!

S)ただし、例外もあって…

IMG_8482.jpg↑ドゥマゲテ市内の公園ケソンパークに展示されている消防車

J)これは右ハンドルのままね!

S)なんか歴史感じるわなぁ。これ、日本軍が占領してた時代に走ってた消防車らしいで。

J)それが今はケソンパークで保管されてるのね。

IMG_8483.jpg↑消防車インパネ(写真では見えないが消防車両のmoritaのマークがある)

S)左ハンドルゆうことに因んで言えば、日本のトラックは右ハンドルやから運転席からでも左側がよく見えるように左下に窓があるねんけど、これなんか運転席だけ左に改造してるから、その窓が意味のない窓になってるで。

 ナンバー消しトラック

GIGA小窓↑本来ハンドル側とは逆側にあるはずの小窓がハンドル側にある

J)ハハハ、ほんとだあ。これなら運転手の足が外から見えるだけね。

S)似たようなチグハグさで言えば、これは左ハンドルに改造されたホンダフィットやけど、運転席側にあるはずのラジオのアンテナの位置が右側のままや。

ナンバー消しフィット

J)そうなんだ。細かいとこまで見ると面白いね。

S)あと、表示がそのままなやつ。これなんか「京都市消防局」って書いてあるのが見えるで〜(笑)

京都消防局

J)はるばる来たのね〜。

S)「資器材補給車」てなってるで。シリマン大学のキャンパスで見かけたやつや。工事か何かに使われてるらしい。

J)ふうん。話は戻るけど街へ買い物に出かけるとまだまだ古い日本車見るよ~!

ナンバー消しマーチ
↑黄緑色に塗装された日産マーチ 

S)懐かしいなぁ~

ナンバー消しオデッセイ
↑ホンダオデッセイ(サイドウインカーが日本仕様の証)

S)ええなぁ~

IMG_8485.jpeg↑フェンダーミラーがないので海外仕様ですが、90年代の日本でよく見かけた2代目三菱パジェロ

S)これ昔欲しかったやつや!
そういえば、日本を出る前にウチも車売ってきたやんか。トヨタイプサム!あれもいずれは東南アジアに来るんかな?

J)イプサムはあったよ。

イプサム

S)ああ、来てることは来てるねんな。でも、ウチのは紺色やったしボディーに純正ステッカーつけてたから違うってすぐわかるワ。

J)でもドゥマゲテで再会したら楽しいよね〜。子どもたちとあちこち行った思い出の車よね。

S)それとオレが結婚前から乗ってたホンダプレリュードもな!

J)日本の中古車に注目だわ。

S)そういうのんが売られてたらどうする?速攻買いやな。なんかロマンがあるわー

J)えー?それとこれは別よ。私は新車がいいわ。新車をディーラーで買うのよ。故障が心配だし、誰が乗ったかわからないのはねえ〜。

S)…まあそうやけどな。これまでの話の流れに乗ってくれへんなあ〜 あんた現実的やなあ〜


ドゥマゲテ英語学校リンク(クリックしてね!)→ 楽しみながら英語習得・ドゥマゲテ英語留学[SPEA]

















コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドゥマゲテ・レポート

Author:ドゥマゲテ・レポート
3.11以降、色々なことに気づき始めた私たち...
このまま、何事もなかったかのような毎日を過ごしていて良いのだろうか?悩んだ末に、千葉県から北海道に引越し、2017.7思いきってフィリピンに引越ししてきました。北海道に引越しした時も、フィリピンに引越ししても同じように考えている人って居るものです。そして仲間は多ければ多いほど協力して過ごしやすくなるものです。海外で暮らしてみたい人、なかなか思ったように一歩を踏み出せない人に、どうやって私たちが引っ越して来たか、私たちでわかる範囲のこと、特にドゥマゲテとその周辺の情報を発信していきたいと思っています。(J)

J の夫です。2019年3月にドゥマゲテから隣町のバレンシアに引っ越しましたが、ドゥマゲテ周辺ということでブログのタイトルは当面「ドゥマゲテ・レポート」のままでいきます。よろしくお願いします。(S)

*イメージはドゥマゲテから望むタリニス(Talinis)山の夕景です。
*コメントは承認制にさせていただきます。

検索フォーム