FC2ブログ

記事一覧

Sのただ今ビサヤ語学習中(11)






否定の表現①:wala

否定の表現「…ない」にはdili/でぃり[/]/を使うものとwala/わら[/]/を使うものがあります。
また、命令文「…するな」ではayaw/あやお/を用います。
今回はwalaについてまとめます。


1. 存在・所有を否定する 「…がない」を表すwala
<基本例文>
A: Wala'y pangutana?

B(1): Wala. / Wala ra. / Wala ko'y pangutana.

B(2): Naa.

<日本語訳>
A:質問はありませんか。

B(1):ありません。

B(2):あります。

【解説】
・walaは「…がない」で / わら[/] /と発音します。

・pangutanaは「質問」という意味で、 /ぱん(g)うぉたーな/ と発音します。

・存在・所有を否定する「…がない」という意味のwalaの使い方は2通りです。基本例文では簡単なほうの(1)を使っています。

(1) Wala'y+名詞. で「…がない」という意味になります。y / い /は接続のための接尾辞です。
Wala'y pangutana? / わらい ぱん(g)うぉたーな / で「(あなたは)質問がありませんか」という意味になります。

(2) Wala+人+名詞. で「人は…がない」という意味になります。
  Wala ka'y pangutana? / わら[/] かい ぱん(g)うぉたーな / で「あなたは質問がありませんか」という意味になります。kaは「あなた」を表しています。

・Aの質問に対する否定の返答「ありません」は、
   Wala. または Wala ra. / わら[/] ら / 
 となります。raを用いると意味が強調されます。
 また、用法(2)を用いて
   Wala ko'y pangutana. / わら[/] くぉい ぱん(g)うぉたーな /
とすることもできます。koは「私」を表しています。

・逆に、「あります」という肯定の返答は、「…がある」という意味のnaa / な[/] /を用いて
Naa.
と答えます。
naa
Naa+名詞.
で「…がある」を表します。
<例文> Naa'y kwarta?「お金がありますか」
     ・kwarta /krた/は「お金」という意味。

また、
 Naa+人+名詞.
で「人には…がある」という意味も表します。
<例文> Naa ka'y kwarta? 「あなたはお金を持っていますか」



2. 文を否定する「…(し)ない」のwala

・「1」で説明した「…がない」とは違って、「…である」や「…する」という文を否定して「…(で / し)ない」という意味になるwalaもあります。
 使い方は、
  Wala+主語+述語.
です。

・このwalaは主に「現在」と「過去」の内容で用います。

(1)【現在の文の否定】

<基本例文>
A:Wala ra ka naglibog?

B(1): Wala ra.

B(2): Naglibog ko.

<日本語訳>
A:あなたは混乱していませんか。

B(1):混乱していません。

B(2):混乱しています。

【解説】

・上の<基本例文>は libog / ぼぅg / 「混乱している」 を用いています。
 nag-で「今…している」という意味を表しており、
  Wala ra ka naglibog?
で「あなたは今混乱していますか?」という意味になります。肯定文も同じ形ですが、疑問文では最後を上げて発音します。raは強意を表します。

・「混乱していません」という否定の返答は、
  Wala ra.
です。

・「混乱しています」という肯定の返答は、述語部分を再度表現して、
  Naglibog ko.
とします。


<発展>「あまり…ない」の表し方

<基本例文>
A: Nakasabot ra ka?

B(1): Nakasabot ra ko.

B(2): Wala kaayo ko nakasabot.

<日本語訳>

A:わかりましたか。

B(1):わかりました。

B(2):あまりよくわかりません。

【解説】
・「あまり…ない」という否定は「とても」を表すkaayoを用いた文否定する形で表します。
   Wala kaayo+主語+動詞.
のようになります。まずは A の問いから見て行きましょう。

・sabot /さぼぅっt / は「理解する、わかる」という意味。naka- をつけると「今までにすでに…した」あるいは「…して今に至っている」という意味合いになります。

・Nakasabot ra ka?で「あなたは理解しましたか」という意味です。

・B(1)は ka を ko に置き換えて「私はもう理解しています」を表します。

・B(2)で「あまり…ない」の wala kaayoが用いられています。 「とても…というわけではない」→「あまり…ない」を表します。ko nakasabotと続けて「私はあまり理解していません」という意味になります。



(2)【過去の文の否定】

<基本例文>
A: Wala ka nilakaw sa Robinsons gahapon?

B(1): Wala.

B(2): Nilakaw.

<日本語訳>
A:あなたは昨日ロビンソンに歩いて行きませんでしたか?

B(1):行きませんでした。

B(2):行きました。

【解説】
・walaは (1) のような「現在の文」だけでなく、「過去の文」の否定に用いられます。

・lakaw / らお / は「歩いて行く」「歩いて立ち去る」という意味。ni- /に/ は過去を表すので、nilakawで「歩いて行った」という意味になります。

・sa Robinsionsで「ロビンソンに」という意味。「ロビンソン」はドゥマゲテ最大のモールです。gahapon /がぽぅn/ は「昨日」という意味です。

・B(1)の Wala.は文脈から「私は歩いて行きませんでした」という意味になります。

・B(2)の Nilakaw.は「私は歩いて行きました」という意味になります。


以上、walaでした。walaとは違い、「未来の文」に用いられるのがdiliです。また、否定の命令に用いるawawもあります。
次回は dili、および ayaw について紹介します。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドゥマゲテ・レポート

Author:ドゥマゲテ・レポート
3.11以降、色々なことに気づき始めた私たち...
このまま、何事もなかったかのような毎日を過ごしていて良いのだろうか?悩んだ末に、千葉県から北海道に引越し、2017.7思いきってフィリピンに引越ししてきました。北海道に引越しした時も、フィリピンに引越ししても同じように考えている人って居るものです。そして仲間は多ければ多いほど協力して過ごしやすくなるものです。海外で暮らしてみたい人、なかなか思ったように一歩を踏み出せない人に、どうやって私たちが引っ越して来たか、私たちでわかる範囲のこと、特にドゥマゲテとその周辺の情報を発信していきたいと思っています。(J)

J の夫です。2019年3月にドゥマゲテから隣町のバレンシアに引っ越しましたが、ドゥマゲテ周辺ということでブログのタイトルは当面「ドゥマゲテ・レポート」のままでいきます。よろしくお願いします。(S)

*イメージはドゥマゲテから望むタリニス(Talinis)山の夕景です。
*コメントは承認制にさせていただきます。

検索フォーム